講演内容

  • Day1

    16:55

    17:45

    コンサルティングセッション C4

    近藤 寿和 氏中谷 格 氏劉 忱 氏

    2018.9.6(木)  16:55-17:45

    ユニチカが語る!
    基幹システム刷新後の柔軟性を実現する、システムリフォームの全容

    ユニチカでは、基幹システムの再構築にあたり「先進性」「保守性」「開発生産性」の実現というコンセプトを打ち立て、今後の主流開発モデルとされる「システムリフォーム」をベースに「ユニチカモデル」を策定し、当モデルでの再構築を無事に完了しました。実践で築き上げたノウハウと勘所を詳しく説明します。

    【講演者情報】

    ユニチカ株式会社
    情報システム部 部長
    近藤 寿和 氏

    1983年ユニチカ㈱に入社。1985年ガラス繊維新工場立上げ時に生産管理システムの開発を担当。1987年ユニチカ情報システム㈱に出向。以来、ユニチカ内外でFA系を中心に幅広い分野でシステム開発に従事する。2001年開発課長、2004年開発部長を経て、2009年にユニチカに戻り情報システム部長に就任(現職)。2013年に長年の懸案だった脱ホストに舵を切る。2018年4月、ホストの電源を切り、オープン化を達成。趣味のゴルフは一向にうまくならない。

    ユニチカ株式会社
    情報システム部 ICT基盤統括チーム長
    中谷 格 氏

    1992年ユニチカ㈱入社後、ユニチカ情報システム㈱に出向。グループのEDIシステムなどに関わり、その後グループ以外の開発案件にも数多く携わり2007年開発グループ長、2013年新基盤構築プロジェクト立上げ時にユニチカに戻り、プロジェクトマネージャとして構築の中心となる。2018年4月プロジェクトを完遂させ、現在は企画管理グループICT基盤統括チーム長としてグループ内の多くの案件に関わっている。土日は長年、少年野球の監督を務めており子供たちの信頼も厚く、本職よりも熱心である。

    株式会社ソフトロード
    代表取締役社長
    劉 忱 氏

    中国北京にて日系半導体メーカーに入社後、設備管理、生産管理を担当する。1988年に来日し、日本向けソフトウェア開発に従事。2001年に株式会社ソフトロードを設立し、2004年より代表取締役社長(現職)に就任する。
    長年に亘り、システムリフォーム開発事業に従事するとともに、システムリフォーム、オフショア開発、日本IT産業考察など、講演多数。日本の戦国時代・明治維新などの歴史にも詳しい、大の日本びいき。

TIME TABLEに戻る

Copyright © JUAS